ブログ

剣道部

新チーム始動!

6月19日(水)ミーティングを行いました。

3年生は、これで引退となります。ミーティングの中で一言ずつ話をしてもらいました。その話を2年生のほとんどが、涙を流しながら聞いていました。引退してもらいたくない…という思いが感情にあらわれたことと思います。それだけ先輩との絆の深さを感じました。今の3年生が、1年生の時は、部員が少なく寂しい思いもいっぱいあったかと思いますが、そこを踏ん張ってくれたお陰で今があります。そして素晴らしいチームを作り上げました。感謝しかありません。これから受験勉強になりますが、竹刀をペンに替え、第1希望を叶えられるよう頑張って欲しいと思います。

また、新チームの部長などの役職をみんなで話し合って決めました。

・部長(主将)→ 関(2年)  ・副部長(副主将)→ 小泉(2年) 毛利(2年)  ・会計長 →  小野(2年)

となりました。これからみんなで力を合わせ、3年生に負けない良いチームを作っていって欲しいと思います。

与野高剣道部新チーム、2年生6名、1年生12名、合計18名でスタートです!

インターハイ県予選会(男女団体)

インターハイ県予選会の団体戦が、6月17日(月)に女子、18日(火)に男子が、県立武道館で行われました。

結果は、女子団体 1回戦 与野0-4昌平

    男子団体 1回戦 与野3-1坂戸  2回戦 与野3-1所沢  3回戦 与野0-5山村学園 でした。

女子は、前回の県大会で3位の昌平と初戦からあたってしまい組み合わせも厳しかったのですが、諦めず粘り強く戦い、1本になりそうな技が随所にみられました。特に次鋒・中堅・副将は、試合時間をフルに使っての試合で焦らず戦えたことの成果だったかと思います。女子は、全員1・2年生なので、この経験を次に生かしてもらいたいです。

男子は、1回戦の坂戸戦、2回戦の所沢戦ともに実力的には同じで、勝つか負けるかやってみないと分からない試合でしたが、先行されても落ち着いて逆転するなど、取れるところで着実にポイントを重ね、勝利することができました。3回戦では前回の県大会で3位の山村学園と対戦しましたが、巧みな試合運びでポイントを挙げられ、経験の差を感じた敗戦となりましたが、堂々のベスト32という結果を残すことができました。

選手たちは、これまでの大会以上に「勝ちたい!」という気持ちを前面に出し、応援の部員も含めて気持ちを一つにして戦えた大会でした。試合終了後は、すがすがしさと笑顔が見られました。

この大会を迎えるにあたり、お忙しい中、OBの先輩や保護者の方にも稽古に来ていただきました。これまで多くの方のご支援、ご声援をいただけたこと、本当に感謝です。ありがとうございました!

体育祭 部活動対抗リレー

6月4日(火)、延期になっていた第71回体育祭が、晴天の下、本校グランドで盛大に行われました。

今年も恒例の部活動対抗リレー(ノーマル部門:男女混合)に参加しました。

いつもながら剣道着・袴・剣道具を着けてのパフォーマンスでしたので、上位は望めませんが、転ばぬように、そして楽しみながらバトンを繋げてゴールしました。

大会前のつかの間のひと時、またひとつチームの輪が大きくなった気がします!

インターハイ県予選会(男女個人)

5月31日(金)にインターハイ県予選会(男女個人)が、所沢市民体育館で行われました。

この大会は、各校男女それぞれ2名のエントリーで、優勝・準優勝の上位2名が、個人としてインターハイの出場権を獲得します。

結果は、男子 小菅(3年)1回戦敗退  関(2年)2回戦敗退                                       

    女子 毛利(2年)1回戦敗退 小野(2年)4回戦敗退(ベスト32) でした。

組み合わせの関係で、4人とも初戦より厳しい戦いが続き、とちらが勝ってもおかしくない試合ばかりでしたが、その中でも女子の小野が一本取られても粘り強く戦い4回戦まで進出しました。4回戦では今大会で優勝した中村選手(本庄第一)と対戦し敗れましたが、見事ベスト32に入ることができました。練習の成果が結果に結びついた大会でした。

この勢いを団体戦に繋げ、与野高剣道部頑張ります!

 

関東大会県予選会(男女団体)

関東大会県予選会が、5月13日(月)に女子団体、14日(火)に男子団体が、県立武道館で行われました。

結果は、女子1回戦 シード  2回戦 与野0-2西武台

    男子1回戦 与野2ー1獨協埼玉  2回戦 与野0-4所沢北  で、男女ともにベスト64でした。

女子は、西部支部大会3位の西武台高校と粘り強く戦い、1本差の大将戦にまで持ち込み、どちらが勝ってもおかしくない内容で本当に惜しい敗戦でした。男子も獨協埼玉戦では、先鋒で先行を許すも次鋒以降、落ち着いて試合を運び、大将戦で勝利をものにしました。目標としていたベスト16には届きませんでしたが、次に繋がる試合ができました。

中間考査が終わったら、インターハイ予選に向け、さらに頑張ります!

与野高剣道部、ファイトです!

埼玉県下武道大会

4月29日(月)に秩父市文化体育センターで、埼玉県下武道大会(剣道の部)が行われました。今年度より与野高校も案内をいただくことができ、初めて参加をしました。結果は、

高校男子の部 1回戦 与野0-4寄居城北

高校女子の部 1回戦 与野0-3寄居城北 でした。

男女ともに北部の強豪校とあたってしまい初戦敗退でしたが、選手は、遠方の会場にもかかわらず、早朝に自宅を出発し、そして試合をするというハードな日程をこなし、貴重な経験ができました。こういった経験は、大人になった時に必ず生きてくると思います。

本日の反省を生かし、関東大会県予選会、頑張ります!

南部支部春季剣道大会

4月20日(土)に川口北高校で、南部支部春季剣道大会の団体戦が、4月21日(日)に蕨高校で個人戦が行われました。結果は、

団体戦 男子1回戦 与野1-3大宮東  女子1回戦 与野2-3上尾

個人戦 男子1回戦敗退 小菅(3年)石川(3年)萩谷(3年) 2回戦敗退 関(2年)

    女子1回戦敗退 毛利(2年)森(2年)最上(2年)  2回戦敗退 小野(2年) でした。

団体戦も個人戦も初戦から実力校とあたってしまい、惜しい試合がたくさんありましたが勝ち切ることができず、目標としていた団体戦でベスト8、個人戦で県大会出場を果たすことができませんでした。

この悔しさをバネに、次の大会で頑張ります!

 

 

令和6年度、始動!

4月16日(火)に1年生の仮入部期間が終了し、本入部となりました。

今年度は男子9名、女子3名、計12名の新入部員が加わり、総勢21名での活動が始まりました。たくさんの1年生が入部してくれたお陰で、女子は、団体戦に5人のメンバーを組んで出場することができるようになりました。

昨年度の人数が少ない時期を2・3年生がしっかりと乗り越えてくれたお陰で、今に繋がっています。本当に感謝です。そして先輩として1年生にいろいろと教えている姿を見ると、頼もしく感じます。

与野高剣道部、令和6年度、新たなスタートです。春の大会に向け、みんな燃えてます!

今後とも応援の程、宜しくお願いします!

秩父錬成会

4月3日(水)に秩父市文化体育センターにて「秩父錬成会」が行われました。

埼玉県を中心に、近県の山梨、群馬、栃木、茨城、東京、千葉、そして北海道からの参加もあり、男女ともに盛大に開催されました。

男女ともに4校リーグを3リーグ行いました。試合の反省としては、相手のクセや打ち方、入り方を分析し、どこで一本を着実にとりにいくかということの大切さを痛感させられました。

また、お互いの審判の中で、有効打突や反則の見極めも大変勉強になりました。やはり試合が上手な人は、審判も上手な傾向にあります。

本日、学んだことを春休みの練習に生かしていきます!

与野高剣道部、ファイトです!

関東体育系スポーツ大会

3月20日(水)に関東体育系スポーツ剣道大会が、大宮東高校で開催されました。

この大会は、関東近郊の高校で体育や剣道(授業)に重きをおいて教育実践している学校が参加しての大会となります。男女ともに団体戦で3校での予選リーグを行い、各リーグの1位が決勝トーナメントに進出する試合となっています。

結果は、男子予選リーグ ①与野0(0)-5(9)荏田(神奈川) ②与野0(1)-4(8)市立船橋(千葉)

    女子予選リーグ ①与野0(0)-4(8)久喜北陽(埼玉) ②与野0(0)-5(10)矢板中央(栃木) でした。

残念ながら男女ともに予選リーグ2敗で、決勝トーナメントには進出できませんでしたが、各県を代表する強豪校と対戦することができ、大変勉強になりました。こういった学校に5人の中で誰かが1本を取り、そして1勝を積み上げていくことが、やがてチームの勝利につながります。

このレベルで1本を取れる技をさらに磨いていくことが大切です!

与野高剣道部、頑張ります!