校長室ブログ

徒然なる毎日

7/28 オリンピックに今、夢中です。

 夏休みもど真ん中です。

 1年待たされた東京オリンピックは今たけなわです。昨晩もソフトボールの決勝戦を見ふけってしまいました。日本チームは強いですね。アメリカチームを零封して金メダルを獲得するとは…。

 あと、今回のオリンピックで注目といえば、ボートの荒川龍太選手です。荒川選手は男子シングルスカルで予選から順調に勝ち上がり、29日の準決勝出場が決まっています。これは実はものすごい偉業、快挙と言えます。

 日本はボートではいまだオリンピックでのメダルはありません。これまでの最高は男子の6位(軽量級ダブルスカル)、女子の9位(軽量級ダブルスカル)です。しかも、これらはいずれも体重制限のある軽量級です。日本は近年は体重制限のないクラスでは勝ち目がないとして、軽量級に狙いを絞っていたのですが、今回の荒川選手は、堂々と体重制限のないクラスで勝ち上がっています。いや、これを偉業と言わずして、なんと言いましょう。

 日本では、ボート競技はほとんど放送もされず、注目も集めていません。(そもそも、ボートとカヌーの区別すら分からない人も多いと思いますが、私はボートにはちょっとうるさい人です。)しかし、ボートは、欧米では非常にステータスの高い伝統あるスポーツです。29日の準決勝もテレビ中継はないようですが、インターネットのライブ配信はあるようですので、時間休をとって応援したいと思います。

 あとはマラソンも気になるところです。一時期はすっかり世界の流れに乗り遅れていた日本マラソン界ですが、近年になり、ようやく高速化の流れに乗れる選手が出てきました。今回は、金メダルは難しくても、銅メダルくらいもしかすると行けるかもしれません。楽しみです。

7/20 終業式

 早いもので、もう1学期も終わりです。

 今日の終業式では、生徒の皆さんに以前このコーナーでも紹介した"Who dares wins."という言葉を紹介しました。

 1学期終業式.pdf

 夏休みは長いようで短いものです。有意義に過ごしてください。

 

7/19 残念ながら

 残念ながら、与野高校野球部が本日のさいたま大会第4回戦で坂戸高校に2-9(7回コールド)で敗れました。

 1回から5回までは、互いにランナーを出しながらも、大量点を許さない接戦だったのですが、6回裏に坂戸高校に7点を許してしまい、7回の反撃も及びませんでした。

 しかし、野球部の諸君は、勇気と敢闘精神をもってよく頑張りました。

 今年の夏の大会は終わりましたが、野球も人生にもまだまだ先があります。今回の経験がきっと生きると思います。

 与野高校野球部を応援してくださった皆さん、ありがとうございました。

 また、本校に勝利した坂戸高校の諸君には、今後の一層の健闘を祈ります。

7/16 Who Dares Wins!

 与野高校野球部が本日の「第103回全国高等学校野球選手権 埼玉大会」の3回戦(対大宮工業高校)に13-5(7回コールド)で勝ちました。

 初回に一気に9点をもぎ取り、そのあとも小刻みに追加得点を挙げて反撃を振り切りました。なんとなく先行逃げ切りのパターンが出来つつある感じです。

 (写真は、1回の表、先制の1点目をたたき出した遠藤(大)のヒット(だと思いますが間違ってたらすみません))

 本日のゲームは大宮工業のピッチャーが立ち上がりの制球に苦しんでいるところに乗じた感じではありました。しかし、四死球を取ることができるのは、相手チームのピッチャーが「与野高相手には甘いところへは投げられない」というプレッシャーを感じているからです。そして、それは本校の選手諸君が、塁に出たらどんどん先を狙っていく勇気と積極性を持っているからだと思います。

 英語の慣用句に”Who Dares Wins."というのがあります。これは第2次世界大戦中に活躍した英国陸軍特殊部隊SASの標語らしいですが、意味としては「敢えて危険に挑む者が勝利する」みたいな感じです。野球部の諸君にぴったりだと思います。

 次は7月19日(月)の第一試合、坂戸高校と対戦です。次のゲームでも、勇気と積極性をもって堂々たる戦いを見せてください。”Who Dares Wins!"

 

7/14 勇気の勝利

 いやぁ、やりました。野球部が昨日の「全国高校野球選手権埼玉大会」2回戦でDシードの本庄東高校に勝ちました。私的に、昨日から脳内が欣喜雀躍、タガがすっかり緩んだ状態になっています。

Dシードを破ったわけですから、世間的には「番狂わせ」ということになるのでしょう。

 しかし、昨日の試合では、与野高校の選手諸君は走攻守のすべてにのびのびと力を出し切っており(特に走塁の判断が冴えてました!)、勝つべくして勝ったように見えました。

 難しい打球に思い切って飛び込む、チャンスがあれば少しでも先の塁を狙うという勇気が勝利の原動力だったと思います。(下の写真は1回の3点目のホームイン、角度が悪くてすみませんが…)

 次のゲームは16日(金)の第1試合、大宮工業高校との対戦です。野球部の諸君には、また与野高生の勇気を見せてほしいと思います。

 ところで、昨日、野球部の諸君が学校から出発しようというときに、ものすごい豪雨に見舞われました。試合が中止になったりしないか? と思いネットで雨雲レーダーを調べてみたら、雨雲があるのは、与野本町駅を中心とした半径1kmほどだけ、しかも、特に雨雲が濃いのは本校の真上という、なんとも不思議な状態でした。

 てっきり「なんかやらかしてしまったか?」と私の最近の行状を振り返ったりしましたが、今から思えば、あの不思議な豪雨は瑞祥(おめでたいきざし)だったのかもしれません。

7/12 ゲリラ豪雨に参りました

 前回、地形などを見て災害に備えなくては、という話を書きましたが、その直後に、熱海で土石流が発生したので、いやなタイミングで記事を書いてしまったな…と、ちょっと気分が沈んでしまいました。

 さて、7月11日(日)、本校野球部の試合が予定されていたので上尾市民球場へ行きました。(今年の大会は、2回戦までは学校関係者しか入場できません)

 午後1時前に集合ということだったので、12時過ぎに自宅を出て自転車で球場へ向かいました。その時は、夏の日差しが肌に痛いほどで、日焼け止めをしっかり塗り込んで出かけたのですが、前の第2試合(滑川総合高校対桶川高校)が終わるのを待っているうちにだんだん雲行きが怪しくなりました。小雨が降り遠雷が聞こえ始めた時点で試合は中断、その後、一旦は再開しましたが、午後3時前にいわゆる「バケツをひっくり返したような」土砂降りとなり、その日の日程は中止になりました。(下の写真は雨宿り中のクラブハウスから見た球場)

 本校対本庄東高校の第3試合は翌日以降に延期、対戦中だった滑川総合高校対桶川高校は再試合となりました。試合開始前に延期になった本校はともかく、接戦を繰り広げていた第2試合の両校の選手諸君は残念だったのではないかと思います。

 その後、ずぶぬれになりながら自宅へ帰りましたが、午後6時ころには、先ほどの雨が嘘のように夕日が差し込んでおり、この気まぐれな天気にはすっかり参りました。

 昔から夕立は夏の風物詩だったはずですが、近年のこのゲリラ豪雨ぶりはちょっとすごいです。やはり気候が変化してきているのかな、という感じがして心配です。

 

 

 

 

7/1 備えあれば…

 早いものでもう7月です。生徒のみなさんは来週の期末試験に向けて頑張ってください。

 今日は朝から、雨が降り続いています。天気予報によればこれは梅雨末期の雨で今週末にかけてかなりの雨量が予想されるとのことです。本校は敷地の西半分が崖下なので、あまり雨が続くと水が出る心配があります。そんなわけで今回は少し防災関連について書いてみます。

 上の地図はいつものように埼玉大学の谷先生の「今昔マップ」からいただいてきたものですが、左が「明治迅速図」、右が「治水地形分類図更新版」です。両方の図の赤い囲みが本校の大体の位置です。

 右の図で見ると本校のテニスコートからグラウンドの西側にかけて水色になっています。この部分をもっと大きな範囲の地図で見てみます。地図上の黒丸が本校の位置です。

 本校の西側に濃い水色の蛇行した部分が見えますが、これは鴨川の数百年前の旧河道です。今の鴨川は静かな都市河川といった感じですが、昔は入間川から分流した大きな川で、かなりの暴れ川だったようです。

 本校に南側のうす水色の部分は、上記よりさらに古い鴨川の河道に流れ込む水が開析した谷(谷戸)であることがわかります。こういった谷戸は古い時代から、水田として利用されることが多いのですが、左側の明治迅速図で見ると本校の南側も水田として利用されています。この水色の部分は今はすっかり陸化しているように見えますが、ひとたび大雨が降ると太古の姿に戻ろうとします。

 そんなわけで大雨の際に本校の敷地西半分に水が出やすいのは、なかなか防げないだろうと思います。

 同様のことは、我々個人の住宅についても言えます。まず自分の家が、どのような地形にあるのかをしっかりと把握する必要があります。市町村が配布したハザードマップでもよいのですが、できれば、もっと原点に立ち返って、国土地理院の地形図とか、上で引用した「治水地形分類図」などを見ておきたいものです。

 下の地図は、一昨年の台風でマンションの浸水被害があり話題となった武蔵小杉駅周辺の「治水地形分類図」です。

 黒い〇が武蔵小杉駅です。見ての通り、武蔵小杉駅周辺は多摩川の自然堤防に挟まれた氾濫原であり、すぐ東側には多摩川の蛇行した旧河道が何本も通っています。被害に遭った方には大変気の毒ですが、地形的には極めて水害が起きそうな場所です。

 もし、地形を調べて自分の家が災害が起こりそうな場所にあるのであれば、その際の対応策を考えておくべきでしょう。

 たとえば本校の場合、敷地東側は台地上ですから、重要物品はそちら側に置くとか、万が一の場合は素早く物品を移動・避難させる段取りを考えておくなどの対策が考えられます。

 科学や文明が進歩しても、いまだに自然の力にはなかなか対抗できません。しかし、その中でどうやって上手に生きていくか大切だと思います。

 

 

 

 

6/18 まさに徒然

 今日はいい天気ですが、ここのところ雨続きでしたし、学校の方も今週は三者面談週間で、行事らしい行事もなかったので、更新間隔が少し開き気味になってしまいました。ここは、かなり無理やり書き込んでみます。

 まず、無理やりの話題1番目の「歩幅を広く」から。

 このブログを一体どんな方が読んでいるのかわかりませんが、中高年で、最近どうも歩くのが遅くなった、という方はいませんか。私は、近年それをひどく自覚しています。昔は、出退勤時に生徒に追い抜かれることなどなかったのに、最近は小柄な女子生徒にもホイホイ追い抜かれてしまいます。また、数年前までは、ちょっと頑張れば1kmを4分30秒のペースで5~10kmくらいのランニングができましたが、今は1km5分がやっとです。

 それがなぜかというのは実はわかっています。1歩当たりの歩幅が短くなったからです。この数年運動時にはGPSで距離が測れる時計を使っていますが、以前の記録と比較するとウォーキングで5cmくらい、ランニングで10cm近く歩幅が短くなっています。加齢による衰えもあるのでしょうが、いつもと同じように歩いたり走ったりしているつもりなのに、だんだん記録が落ちてきています。

 というわけで、昔の力を取り戻すべく、最近は歩くときも走るときも意識的に歩幅を広くとるようにしています。その際、股関節から脚を動かすのではなく、その上の腰骨全体を脚の動きに合わせて左右に振り出す感じで体を使うと、歩幅が少しづつ長くなります。この歩き方(走り方)は筋肉への負担が高くて疲れるのですが、確実に早く歩け(走れ)ます。意識しなくてもこの動きができるよう身体を慣れさせていこうと思います。

 無理やりの2番目は、「星がチカチカ、って本当にあるんですね」という話です。

 上記のようなわけで、先週の土・日にはちょっと長めのランニングをしてみたのですが、次の日の明け方、足がつりました。ふくらはぎの筋肉が勝手にビクビク動いて、強い痛みが走ります。痛みをこらえるためにギュッと目をつぶると、まぶたの裏に沢山の青い光点がチカチカしているのが見えました。昔の漫画で、何かに激突したり人に殴られたりした時に、目の前に星が飛んでいる表現がよくありましたが、それにそっくりです。どういう作用でチカチカするのか不思議ですね。

 足がつるのは、筋肉の疲労や水分やミネラルの不足によって引き起こされるようですから、栄養分の補給とともに、ランニング等の運動にあたっては無理をしすぎないことです。とはいえ、私のような気の短い中高年は、無理をしてしまいがちなのですが…。

 今回は、若くて元気な人には関係のない話題ばかりで恐縮です。しかし、新型コロナウイルスによる自粛ムードで家にこもりがちな昨今、運動不足で筋肉が減り、熱中症になりやすくなってしまう人が多いそうです。ウォーキングやランニング(そのついでに史跡巡り)は一人で黙々とできる運動ですから、せっせと取り組みたいと思います。

 

 

6/7 三貫清水緑地の「鎌倉街道」(道と史跡10)

 皆さん、休日はどう過ごしていますか。

 私の場合、ごろごろ寝っ転がって過ごすというのが、どうも苦手です。とはいってもどこかへ遊びにいくお金もないので、公営のスポーツセンターへ行ったり、近所を走ったりしています。その成果を発表します。

 このページでは鎌倉街道「羽倉道」について断続的に書いています。今回もその続きです。本校の前から本町通を北上し、6/1の本欄で取り上げた氷川神社から並木南町分岐を右にとって進みます。2~3kmくらい行くと、4/19の本欄で取り上げた櫛引の板碑や日進神社です。さらにこの道を突き進むと日進駅の西側で埼京(川越)線を渡り、17号バイパスも横切って、さいたま市立大宮北高校の近くへ出ます。

 大宮北高校のグランドの南側に「三貫清水緑地」という公園があります。その公園を南北に貫いている道が昔の「鎌倉街道」とされています。台地から鴨川の低地に下る斜面林の中にあり、がけ下にはかつて太田道灌公が激賞した名水が湧出しているという、隠れた名所です。まさに鎌倉街道という風格を感じさせる道で、ご近所の方の絶好の散歩道となっています。

 この道の北側の突き当りは大宮北高校のグラウンドですが、高校敷地の西側に沿ってきれいな水の流れる側溝があり、北西の角に「弁財天」の祠があります。弁財天(弁天様)は元はインドの川の神です。日本では、ほとんどが水辺(有名なところでは江の島や琵琶湖の竹生島、近場では与野公園の天祖神社の池の小島など)に祀られています。ここに弁財天があるということは、この地域に水にまつわる信仰があることを示しています。

 大宮北高校グラウンドの北側の辺から北上する路地を進むと太い道との交差点に古い道標と馬頭観音が立っています。道標には、東は「あげおいわつき道」「ぢおんじ道」、西は「あきば道」、南は「よの道」などど書いてあります。この東西に交差する道も秋葉神社に参詣する人が通った古い道筋です。いやあ風情がありますねぇ。

 

 さて、しかし、ここまで書いておいて何ですが、ここで私は「上に写真を載せた『鎌倉街道』は本当に鎌倉街道なのか?」という疑問を提出したいと思います。

 「さいたま市教育委員会が指定してしているものに文句をつけるなよ!」という声が聞こえてきそうですが、私にも疑問を提出するだけの根拠はあります。

 まず、この道の通っている場所です。昔の街道はたいてい台地の鞍部(一番高いところ)を通っていることが多いものです。その方が水害等に強くなりますし高低差も少なく工事が楽です。三貫清水緑地の「鎌倉街道」は雰囲気は素晴らしいですが、この原則に外れ、斜面林のかなり崖下に近い場所を通っています。これでは鴨川があふれたらすぐに水につかってしまいそうです。

 次に、この「鎌倉街道」は以前紹介した櫛引の板碑と日進神社のあるルートの延長上にありません。下の地図は、左側が例の「明治迅速図」で右が今の地図です。三貫清水緑地の「鎌倉街道」とされているところは地図上に「〇」をつけた場所です。

 ご覧の通り、左の迅速図ではここには道が書いてありません(少なくとも太い道はありません。曲がった細い線は等高線です)。地図上に赤線で書き加えたものが、櫛引の板碑からまっすぐに北上するルートで、三貫緑地公園の「鎌倉街道」より100mくらい東側になります。赤い線の北の突き当たりが先述の道標と馬頭観音になります。この赤い線は今の地図では大宮北高校の敷地で分断され、東寄りに迂回した新しい道が作られていますが、このルートであれば、斜面林を登り切った台地上を通るルートとなり、先ほどの昔の街道の原則も満たします。こちらが本当の鎌倉街道なのではないでしょうか。

 さいたま市教委(旧大宮市教委)は、どのような根拠から三貫緑地公園の中の道を「鎌倉街道」に比定したのでしょうか。発掘調査の結果とかなら文句はありませんが、もともとはただの森の中の間道だったものを、いかにも古道らしい雰囲気に流されて「鎌倉街道である」としてしまった可能性も無きにしも非ずだと思います。私的には、上述のような理由から、この道が鎌倉街道というのは怪しい(本当に素晴らしい散歩道ではあるのですが)と思っているのですが。

 

 

 

 

 

6/3 体育祭速報(2)

 体育祭午後の部です。心配された天候も持ち、すべてのプログラムを無事終えることが出来ました。

 団対抗は午前中のリードを保ち黄団が優勝しましたが、青団、赤団も頑張り、とても面白い体育祭になりました。

 特に大トリのブロック対抗20人リレーは、男女各10人でトラックを10周もするレースでしたが、どの団も精鋭を集めたのか、1位と2位がほんの1歩差という接戦でした。

 

 【青組ブロック演技】(女子のセーラー服や男子の青いシャツとネクタイはダンス用の衣装です。本校の制服ではありません。念のため…)

 

 【黄団ブロック演技】(男子もいたんですが映ってないですね。すみません。女子だけひいきしているわけでは、決して…おそらく…多分…ないです。)

 

 【赤団ブロック演技】(この黒いセーラー服等もダンス用です。)

 

 【忍者リレー】(前を走るチームの布を踏んでバトンを落とさせることが認められているので、順位が目まぐるしく入れ替わって面白い競技です)

 

 【ブロック対抗20人リレー】(上記の通り、ゴールはこの僅差でした!)

 それにしても、今日の体育祭を見て思ったのは若いって素晴らしい、ということです。地面を力強くけった足がきれいに跳ね上げられ、前にすっと伸びていくのは、年寄りには決してまねのできない美しい光景です。

 本当にいい体育祭だったと思います。