校長室ブログ

11/28 速報「小高交流」+プチ史跡(27.5)久しぶりです。金次郎様

 まずは速報です。今日は本校とさいたま市立与野本町小学校が「小高交流」を行っています。

 コロナのため4年ぶりの実施となりましたが、本校の生徒有志25名が与野本町小学校を訪問し、授業のアシスタントなどをしました。(写真は5年生の書写の授業)

 

 高校生は普段、高校の校内で見ていると子供(失礼)なのですが、小学生に混じると急に頼もしいお兄さん・お姉さんに見えるから不思議です。子供たちの前で、大人としてふるまう経験は、生徒たちを大きく成長させてくれると思います。

 詳しい様子は、そのうちほかのコーナーに掲載されるのではないかと思いますので、まずはお知らせまで。

 与野本町小学校は毎日、前を通っているのですがこれまで校内に入ったことはありませんでした。今日初めて中をよく見て回りましたが、そうしたら立派な二宮金次郎の像が!!

 

 二宮金次郎の像は、第二次大戦前にはどこの小学校にもあったという話ですが、戦後は撤去する学校が多く、すっかり少なくなりました。撤去の理由としては「封建的である」とか「教育の目標は立身出世ではない」というものだったようです。しかしこれらは「古いものはすべてだめ」とする短絡的で的はずれな批判だったと思います。

 本来、封建制というのは厳格な身分制度によって成り立つものです。ところが江戸時代の日本は一応、身分制度がありましたが、緩やかなものでした。農村の子が都市に出て商人になったり、文武の才能のある子どもを領主が見出して武士として召し抱えるなどの例(吉良上野介に仕えた清水一学とか、埼玉の偉人渋沢栄一とか)もよくありました。二宮金次郎も経理・経営の才能により武士になっています。つまり二宮金次郎は自分の才能で身分の壁を破ったわけで、封建制打破の象徴であるという見方もできます。「封建的云々」という批判は見当違いです。

 「立身出世はけしからん」という批判ですが、私は昔の「立身出世」と最近の「自己実現」はどこが違うのかわかりません。どちらも「努力と才能によって、様々な困難を克服し、自分のなりたいものになる」ということで、言い方が違っても、中身はまったく同じだと思うのですが。二宮金次郎こそ、自己実現のお手本でしょう。教育や学校の役目は、生まれた家や育った環境に関わらず、子供たちが自己実現(=立身出世)ができるよう助ける「はしご」のようなものだと思うので、二宮金次郎の像があることになんの問題があるのか、よくわかりません。

 二宮金次郎については、近年は見直しや再評価をする動きがあり、像を再建する学校もあったようです。ただし今度は、歩きながら本を読む姿が「ながらスマホ」を助長するという批判が起こり、最近の二宮金次郎像は、座って本を読む姿のものが多いとのことです。しかし、二宮金次郎の逸話は、あくまでも「薪売りをしながら寸暇を惜しんで学問に励んだ」というものなので、それをつまらない揚げ足取りで改変するのは、おかしいと思います。こんなつまらない揚げ足取りがまかり通るような状況だから、今の日本の社会・経済は低迷を極めているのではないでしょうか。