校長室ブログ

4/14 最近の気候でふと考えました。

 今日は朝から小雨が降り気温も低めですが、おとといや昨日は暑かったですね。4月に入ったころは花冷えでまだコートが必要な感じでしたが、たった10日ほどの間に上着を着ているのがつらいほどの陽気になりました。

 華道部のみなさんが差し入れてくれる生け花も、今週は早々とひまわりでした(これはおそらく温室で育てたものだと思いますが)

 

 ほんの半月の間にコートから一気に半袖になってしまうような状況に対し、私と同年代の人は「温暖化が進み、季節が冬と夏しかなくなってしまったようだ」と感じ、「何とかせねば」と考えると思います。

  私は温暖化の事実は否定しません。またそれを少しでも食い止めるために炭酸ガス排出量を削減しようという現在の温暖化対策も、やってみる価値はあると思います。しかし、これらによって気候が私が子供だった1970年代に戻るとも思いません。なぜなら現在われわれが経験している気候の変化が、二酸化炭素という一つの原因で説明でき、それさえ何とかすればよいという単純なものだとは到底思えないからです。

 現在、様々な科学的な証拠から過去10万年くらいの気候については変化の様子がおおよそわかっています。それによればこの10万年のうちには、現在より気温が高かった時期もぐっと冷え込んだ時期もあり、しかも寒暖の変化が極めて短い期間に起きたケースもあった事が分かっています。現在の我々が「普通の」気候と考えているものは、ついこの数世紀間の比較的安定した時期のものであり、過去10万年の中では、むしろ例外的なものです。

 地球の気候がそのように変化に富んだものだとすれば、現状維持のために温暖化防止に取り組むよりは、温暖化を避けられない変化として受け止め、それへの適応に努める方が有効なのではないか、と思います。世界各地の気温と降水量が変化すれば、農業に適した場所も変化するでしょうし、生物相も変化するでしょう。それに合わせてどうやって能率的に食料を生産し、世界中に不公平なく供給していくかを考えるべきだと思います。

 と、まあ最近の寒暖の変化で考えてしまったわけです。その際にふと思ったのですが、今の高校生は知識として地球温暖化の問題は知っていても、そのことを実感してはいないのではないでしょうか。なぜならば、彼らにとっては、生まれてからずっと今の様な気候だったからです。彼らの世代に任せれば、自分たちの環境に合わせた新しい生存の方法を考え出してくれるかもしれません。