ブログ

2023年11月の記事一覧

体育・スポーツ アウト・オブ・シーズンに向けて

今シーズンの最終戦が11月25日(土)に行われ、予定されていた練習試合が全て終了しました。練習試合でお世話になった顧問の先生をはじめ野球部の皆様、父母会・保護者の皆様、誠にありがとうございました。

 

高校野球では、日本高野連の規定により、12月1日から3月8日までを対外試合禁止期間(アウト・オブ・シーズン)と定めています。対外試合禁止期間が設けられている理由は、地域間格差の解消や部員の健康管理・怪我予防などが挙げられます。

チームの中心である2年生は、主将の上森(2年・戸田新曽)をはじめ、ここまでよく頑張りました。しかし、まだまだ課題はたくさんあります。この対外試合禁止期間でどこまでやり切れるかが重要になります。次のシーズンや集大成となる夏の選手権大会に向けて、1日1日を大切にしっかりと積み重ねていきます。冬の厳しい環境下でも、妥協せず部員全員で頑張ります。

体育・スポーツ 第11回FFC大会(1年生大会)結果報告

25校25チームが参加した第11回FFC大会に本校も1年生部員11人で参加しました。11月4日(土)に行われた予選リーグを2位通過で決勝トーナメントに進出し、11月12日(日)に決勝トーナメントを戦ってきました。結果は決勝トーナメント1回戦で日大鶴ケ丘に2-17の5回コールドで敗れ、ベスト16で大会を終えました。詳細は以下の通りです。

 

予選リーグ VS大宮北 6-7●

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
与 野 3 3 0 0 0 0 0 0 0 6
大宮北 2 0 0 0 4 1 0 0 × 7

 

予選リーグ VS県立浦和  15×-14○

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
県浦和 2 5 0 1 1 0 1 4 0 14
与 野 0 0 0 0 1 10 2 0 15

 

決勝トーナメント VS日大鶴ケ丘  2-17(5C)●

  1 2 3 4 5
日 大 3 1 2 2 9 17
与 野 0 1 0 0 1 2

 

心・技・体のすべてにおいて未熟な1年生。自分たちの思い通りにはいかないこと、エラーや失敗が大前提の中で11人で協力し明るく元気よく戦いました。思い切りよく勝負できるところが1年生の良さで、対戦校の先生からもお褒めの言葉をいただきました。1年生だけで戦った3試合で見えてきた、野球という競技の理解度、基礎基本の技術、勝負への心構え、横のつながり等の課題を全体練習、課題練習の中で取り組んでいきたいと思います。

FFC大会には6年前に初めて参加し、今回が2回目の決勝トーナメント進出となりました。結果はもちろんですが、毎年参加できていることに感謝し、来年度も参加できることを強く願っています。

体育・スポーツ 校内マラソン大会 野球部大健闘!

11月8日(水)に埼玉スタジアム2002にて与野高校マラソン大会が開催されました。埼玉スタジアムの施設をお借りして男子は11.5km、女子は8kmを走りました。

結果は男子2位、3位が野球部員でした。野球部員が15人が上位50位にランクインするなど、よく頑張っていました。引退した3年生も2人入り、意地を見せてくれました。※野球部員は3学年合わせて40人(マネ3人を含む)です。

マラソン大会は順位を競う競争ですが、それ以上に自分との闘いです。自分のベストを尽くしたか、自分のベスト(限界)を1秒でも、0.1秒でも超えられたかが重要です。順位や速さがすべてではない点にマラソンや長距離走の面白さや奥深さを感じます。入賞できなかった部員も自分と闘い、懸命に走っていました。

 

たとえ才能や身体に恵まれなかったとしても、努力を重ね、自分を磨き続ければ実力はつき、成果がついてくるということを野球を通して部員に経験させたいなと改めて感じた1日でした。

体育・スポーツ 第17回与野大宮杯 結果報告【優勝】

与野大宮杯(浦和地区を除くさいたま市内大会)が今年度も開催されました。14校が参加した今大会はコロナ禍以前の形式に戻り、4つのリーグに分かれて予選を行い、各リーグの1位校による決勝トーナメントで優勝を争いました。本校は例年通り、2年生チームで参加しました(1年生は1年生大会に出場の為)。結果は以下の通りです。

 

予選リーグ VS大宮工業 7-3○

 
与 野

 1

大宮工

 

予選リーグ VS岩槻 15-3○(5C)

 
与 野 15
岩 槻

 

準決勝 VS大宮東 6-3○

 
与 野
大宮東

 

決勝 VS埼玉栄 9-6○(延10回TB)

  10
与 野
埼玉栄

 

2年生16人で優勝を掴みました。さらに、今回が初優勝ということで与野高校野球部の歴史に新たな1ページを刻みました。4試合で得た経験・成果・課題はこれから2年生、野球部を大きく成長させてくれると思います。今回の優勝はゴールではなく1つのきっかけとしてより一層、練習に励みたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします!

 

 

体育・スポーツ 第2回4地区選抜チーム交流戦に参加しました!

第2回埼玉県高校野球4地区選抜チーム交流戦が11月4日、5日で開催されました。東西南北の各地区25名(1校につき1名)の選抜チームを結成し、レジスタ大宮でトーナメント方式の交流戦が行われました。本校からは相羽(2年・鳩ケ谷)が選ばれ、投手・外野手として出場しました。

相羽が所属する南部地区選抜は、北部地区選抜との試合に9-1で勝利し、決勝の西部地区選抜との試合も8-1で勝利し、優勝となりました。

全国初の試みとして昨年度から始まった交流戦は、選手の技術向上などを図るとともに、埼玉高校野球の活性化を目指す素晴らしい取り組みです。貴重な機会に感謝し、与野高校野球部もより一層頑張っていきます。 

 

【相羽のコメント】

 今回、このような機会をいただいて貴重な体験をすることができました。他校の選手に技術面での意識を教えてもらったり、練習への取り組み方を聞いたりして感激するものがたくさんありました。各校のトップ選手と同じグラウンドで戦えて本当に楽しかったです。自分と比べて各校の選手の体つきに圧倒されました。下半身の粘りであったり、上半身の大きさ、リストの強さに驚きました。技術よりもフィジカルの差を痛感しました。

この経験を踏まえて、自分が何で勝負していくかをもう一度考えて、与野高校野球部にもしっかりと還元して更なるチーム力向上に向かっていけたらと思います。そして、春季大会、選手権大会で目標を達成できるようこれからの練習を精一杯頑張っていきたいと思います。